安堵町歴史民俗資料館

  • ■開館日・開館時間
  • ・午前9時から午後5時まで
  • ・但し、最終入館は午後4時
  • ■観覧料
  • ・大人200円(150円)
  • ・大学・高校生100円(80円)
  • ・小・中学生50円(30円)
  • ※( )は団体料金。30名から。
  • ■休館日
  • ・毎週火曜日
  • ・年末年始

0743-57-5090

  • 安堵町役場

安堵町歴史民俗資料館とは

 安堵町歴史民俗資料館は今村氏の邸宅跡を活用した展示施設です。 幕末には伴林光平など後の天誅組に関わった人物が集い、盛んに文化交流がなされました。奈良県再設置運動に尽力した、運動家今村勤三の生家でもあります。主な展示内容は、江戸時代から伝わる古文書や、日々の生活で人々が使用した民具の数々、町の伝統産業であった「灯芯ひき」などです。当館では、先人が残した暮らしの中の文化を継承するため、年間を通して様々な体験会(灯芯ひき・藺草栽培・古代米栽培・わらぞうり作りなど)を開催しています。

安堵町歴史民俗資料館とは

2017年06月22日
・・・
夏休み 子ども灯芯(とうしん)教室<全6回>の開催について

2017年06月16日
・・・
臨時休館のおしらせ
館内くん蒸のため平成29年7月10日(月)から7月14日(金)まで臨時休館します。ご了承ください。

2017年06月09日
・・・
特別展「安堵町の念仏信仰―天得如来を中心にー」を開催しました(平成29年3月29日~5月31日)

2017年05月24日
・・・
かきつばたが咲いています。

2017年05月15日
・・・
7月6日(木) 午前9時から「いぐさ刈り体験について」

2017年05月15日
・・・
6月18日(日) 午後1時30分から「古代米の田植え体験について」

安堵町歴史民俗資料館とは

施設外観

施設外観

母屋展示室

母屋展示室

母屋台所

母屋台所

米蔵展示室

米蔵展示室

米蔵 民俗資料

米蔵 民俗資料

安堵町伝統産業「灯芯」資料

安堵町伝統産業「灯芯」資料

庭園

庭園

今村勤三翁顕彰碑

今村勤三翁顕彰碑

開館記念樹 「勤三桜」

開館記念樹 「勤三桜」

ページのトップへ戻る