安堵町歴史民俗資料館

  • ■開館日・開館時間
  • ・午前9時から午後5時まで
  • ・但し、最終入館は午後4時
  • ■観覧料
  • ・大人200円(150円)
  • ・大学・高校生100円(80円)
  • ・小・中学生50円(30円)
  • ※( )は団体料金。30名から。
  • ■休館日
  • ・毎週火曜日
  • ・年末年始

0743-57-5090

  • 安堵町役場

安堵町歴史民俗資料館とは

 安堵町歴史民俗資料館は今村氏の邸宅跡を活用した展示施設です。 幕末には伴林光平など後の天誅組に関わった人物が集い、盛んに文化交流がなされました。奈良県再設置運動に尽力した、運動家今村勤三の生家でもあります。主な展示内容は、江戸時代から伝わる古文書や、日々の生活で人々が使用した民具の数々、町の伝統産業であった「灯芯ひき」などです。当館では、先人が残した暮らしの中の文化を継承するため、年間を通して様々な体験会(灯芯ひき・藺草栽培・古代米栽培・わらぞうり作りなど)を開催しています。

安堵町歴史民俗資料館とは

施設外観

施設外観

母屋展示室

母屋展示室

母屋台所

母屋台所

米蔵展示室

米蔵展示室

米蔵 民俗資料

米蔵 民俗資料

安堵町伝統産業「灯芯」資料

安堵町伝統産業「灯芯」資料

庭園

庭園

今村勤三翁顕彰碑

今村勤三翁顕彰碑

開館記念樹 「勤三桜」

開館記念樹 「勤三桜」

ページのトップへ戻る